独自のトータルシステム

鋳造

高い強度と信頼性を満たす高品質製品を、
特殊な鋳造技術を用いることにより生み出します。

信頼性の高さと強度の裏付けにより、ダイカストは軽薄短小のニーズに対応してきました。強度が高く健全な鋳造品の第一条件とは、表面上ではわからない内部欠陥がないこと。私たちは、PFダイカスト法(無孔性ダイカスト法)、真空ダイカスト法、アキュラッド法など特殊な技術を使い、気密性の高い、鋳造品に勝るとも劣らない信頼性を誇る製品を作り出しています。
これまでのダイカスト製品は、内部欠陥によって、300℃以上に加熱されると変形したり表面が膨れたりすることがありました。しかし、私たちの技術はこれまで不可能とされてきた熱処理や溶接を可能にする高品質ダイカストを実現し、新たな用途をひらいています。これからも、ユーザーの幅広いニーズに対応するため、日夜たゆまぬ努力を続け、新しい技術に挑戦していきます。