TOP > 技術紹介 > PFダイカスト法

PFダイカスト法

純酸素など活性ガスで鋳型空間を満たし、射出時に溶融金属と反応させることにより、鋳型内の気体を消滅させる。それにより、鋳巣(ガス量)の少ない健全性の高いダイカストを製造。
熱処理(T6)が容易なため、重要保安部品をはじめ幅広い部品特性を満たすことが可能。

製品例

  • モーターサイクルの
    ハブ(ドラム)
  • RD
  • FD
  • サスペンションアーム
  • カップリング