TOP > Why soritsu > 高品質への追究

高品質への追究

お客様のご要望をお聞きしながら製作した金型設計の図面通りに、製品ができあがっているか。
それが、製品の品質を決める重要な基準です。私たちの品質保証工程は、トータルで約25〜30種類の検査機器と、
熟練した「人の感覚」を駆使し、製品の用途・使用条件などにより下記のような検査を組み合わせて製品の高品質を追求しています。


化学成分検査

分光法、吸光法により、原材料の成分規格をチェック。

寸法検査

三次元測定機をはじめとする各種測定機を用いて、寸法精度をチェック。

耐圧検査

リークテスト機を用いて、製品の気密性をチェック。

鋳巣検査

X線透過検査法により鋳巣の状態を確かめ、製品内部の健全性をチェック。


強度検査

X線透過検査法により鋳巣の状態を確かめ、製品内部の健全性をチェック。

外観検査

目視により限度見本と比較しながら、表面の仕上がり状態をチェック。

ガス量検査

リークテスト機を用いて、製品の気密性をチェック。

耐食検査

塩水噴霧試験およびキャス試験機により、決められた条件下での耐食性をチェック。


膜厚検査

膜厚計を用いて、メッキ品・塗装品の膜厚をチェック。

仮に、これらの検査で不合格品が発見された場合は、出張選別や良品との差し替えはもちろんのこと、必要であれば修正手直しや作り替えも行い、設計通りの品質となるまで徹底的に対応します。