なぜダイカスト?

1. 生産性

ダイカストは複雑な形状の製品を短時間で大量に製造でき、二次加工も少ないのでコストが低減できます。 ※アンダーカットのある製品はコストが高くなります。

2. 寸法精度

他の鋳物に比べて、ダイカストは非常に高い寸法精度が得られます。


3. 表面処理

ダイカストの滑らかで優れた鋳肌は、めっきや塗装などの表面処理が容易です。高級感、質感にも優れています。

4. 軽量化

薄い肉厚で複雑な形状の製品を造ることができ、軽量化にも大いに役立ちます。


5. 肉厚と強さ

機械的な強度は肉厚により異なりますが、肉薄でも強い製品が得られます。また、単位面積当りでは薄くなるほど強度が高くなります。

6. 設計

精度が高く、鋳肌が美しく、強度があり複雑な形状の製品を設計し造ることができます。また、設計の変更などにも対応できます。


7. 健全性

組織が緻密で強度も高いのですが、キャビティ部の空気や離型剤の気化ガスなどを巻込むことがありますが最新技術では鋳巣の発生を少なくすることができます。

8. インサート

ダイカストの一部に他の金具を容易に鋳ぐるむことができますので、その部品の機能の範囲をさらに広げられます。


9. 切削加工

精密で複雑な形状の製品ができますので、他の鋳造法の製品に比べて、大幅に加工工数を減らしたり加工を必要としない製品を造ることができます。

10. 経済性

ダイカストの金型は制作費が高価です。しかし1つの金型で数千〜数十万個の製品が造れるので、多量生産を行うことで大幅なコストダウンがはかれます。

イラスト提供:一般社団法人日本ダイカスト協会(http://www.diecasting.or.jp/)・日本ダイカスト工業協同組合(http://www.diecast-union.jp/